『社会言語学』XIX (「社会言語学」刊行会,2019年)

https://syakaigengo.wixsite.com/home/2019

 

『社会言語学』XIX

2019年

docs.google.com

論文:
重度知的障害者に対する投票支援における課題の検討
--- 
保護者、施設スタッフの意識調査から ---

堀川 諭

駅の表示におけるピクトグラムの課題と可能性

野田 実紀

 

明治末期におけるエスペラント批判
--- 
橋竜雄を手がかりに --- 

渡邉 剛

 

外国人労働者の受け入れに係る日本語教育施策
--- 
日本語教育推進に関する法律」成立までの経過 --- 

田尻 英三

 

言語復興学への誘い
---  オーストラリアの経験から ---

ギラード・ツッカーマン

(木村 護郎クリストフ編訳)

 

コーダイメージと言語意識

--- 移民の子どもとの類似・相違 ---

中島 武史

外国ルーツの子どもの主体性を育む学習支援のあり方

--- フィリピンルーツの生徒と日本語教師の相互行為分析を通して ---

江夏 亜希子

情報保障における音声・動画メディアの活用をめぐって

あべ・やすし

大学のレポート・論文で重視される「わかりやすさ」

--- 各種テキストではどのように指導されているか ---

はやま しんすけ

翻訳:
斎藤秀一 編『ラティニーゴ2』(1938年)

書評/書評への応答:

「職業としての日本語教師」という問題設定から
牲川 波都季 編著 有田佳代子・庵功雄・寺沢拓敬 著

日本語教育はどこへ向かうのか--- 移民時代の政策を動かすために ---』
くろしお出版、2019 年)

ましこ・ひでのり

書評に応えて

庵功雄・有田佳代子・牲川波都季


中島 武史 著
『ろう教育と「ことば」の社会言語学 --- 
手話・英語・日本語リテラシー ---』
(生活書院、2018 年)

冨田 哲

書評への応答

中島 武史

既刊号目次/本誌への投稿について

(頒価3000円/本体)

CiNii 所蔵一覧

「社会言語学」刊行会

【特集】たんなる熱中? それとも依存? ゲームのやりすぎを心配するとき(おそい・はやい・ひくい・たかい No.107)

https://japama.jp/oha107/

おそい・はやい・ひくい・たかい No.107

2019年11月20日
おそい・はやい・ひくい・たかい No.107

 

2019年11月25日刊行 
岡崎勝 編著

特集

たんなる熱中?
それとも依存?

ゲームのやりすぎを心配するとき

ゲームに夢中を通りこし、なにかに取り憑かれたように見えてしまう。実際、深夜まで、昼夜逆転でこもりがち……など、問題行動と親を不安にさせることも。ハマる、夢中になるという経験と、依存や障害との線はどこにあるのか?
ゲームは諸悪の根源か? 人生の救世主か?
急速に変わりながら子どものハートをつかみ続けるゲームを深掘りする。
対応を焦らず、間違えないためのお守り特集!

本体価格1,800円

四六判/192頁/ISBN978-4-88049-657-3

オンライン書店から購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

目次
2 〈おそい・はやい・ひくい・たかい〉を編むにあたって
たんなる熱中? それとも依存? ゲームのやりすぎを心配するとき

 

10 はじめにの前に
親子のゲームバトルはますます混乱する  〈お・は〉編集部

 

12 はじめに 「ほどほどにやればいい」が、なぜ難しいのか?
岡崎 勝(〈お・は〉編集人/小学校教員)

 

16 お父さん・お母さん、子どものデビューはいつ? どこから? 〈お・は〉的ゲームの四〇年史
監修 関 正樹(児童精神科医)/作成 〈お・は〉編集部
 
I ゲーム×病気・障害
― 医療の面から見てみると

 

30 対談
手放せない! やめられない!! 子どもの姿に「ゲーム障害」の不安がよぎったら
関 正樹(児童精神科医) ×岡崎 勝(小学校教員)

 

32 ゲームのやりすぎは「病気」なの?
46 児童精神科医・関正樹さんに聞く①
Q 子どもがゲームをしはじめると、いうことを聞かなくなるのはどうして?

 

48 「依存」=ハマるのは、悪いこと?66 児童精神科医・関正樹さんに聞く②
Q 子どもが「課金」したいといったら?

 

68 それでも、「気になってしまう!」ときは

 

II ゲーム×趣味・居場所 ― 当事者の語りから
いじめにあった私の「支え」になったもの 紀伊菜檎(会社員/イラスト作家)

 

94 不登校・ひきこもりからの「逃避先」として 吉岡真斗/仮名(会社員)

 

III ゲーム×教育・スポーツ
― 社会と学校でいま起こっていること
106 座談会
ゲームもコンテンツ教育も「産業」として見る ― それはほんとうに「子どもの将来」のため?
岡崎 勝(小学校教員) ×土井峻介(元中学校体育教員) ×山本芳幹(フリーランス・ライター)

 

128 ゲームと親子の移り変わり

学校で求められる「ゲーム」にまつわる学び

 

142「eスポーツ」に見るゲームとスポーツ

 

154おわりににかえて 肝心なのは「夢中になる」こと
山田太一脚本「早春スケッチブック」より

〈お・は〉編集部

中田梓音『スナックの言語学 距離感の調節』(三元社)

http://www.sangensha.co.jp/allbooks/index/497.htm

 

f:id:MASIKO:20191123132453p:plain

『スナックの言語学』表紙(三元社HP)

スナックの言語学

距離感の調節

[著者]中田梓音

フィールドワークにもとづいた「接客言語ストラテジー」の実証研究
カウンター越しの接客が原則となるスナックにおいて、人びとがどのような言語コミュニケーションの方法で「接客者」と「客」としての良好かつ適切な関係を構築しているのか、また、それぞれの意図がどのような言語行動に反映されているのかを明らかにする。なかでも特に接客者にみられるものを「接客言語ストラテジー」として、そのありようを、ポライトネス理論にもとづいて分析していく。

定価=本体 3,500円+税
A5判並製/262頁/ISBN978-4-88303-497-0

 

[目次]

はじめに  001

第 1 章 序 論
  第 1 節 研究の目的  004
  第 2 節 先行研究  009
      第 1 項 会話分析  009
      第 2 項 ポライトネス理論と親密性  015
      第 3 項 接客と言語  021
   第 3 節 本研究の視点と方法  027
      第 1 項 研究の概要  027
      第 2 項 フィールドの選定と調査方法  030
      第 3 項 会話の転写方法  031
      1 .転写に基づく会話分析の方法  031
      2 .転写方法の説明  034
   第 4 項 本書の構成  036

第 2 章  会話の場としてのスナック
   第 1 節 スナックの接客内容および位置づけ  040
   第 2 節 スナックで働く女性  044
      第 1 項 経営者兼接客者  045
      第 2 項 長期・定期の被雇用女性  046
      第 3 項 短期・不定期の被雇用女性  047
   第 3 節 スナックのママ ― インタビューとフィールドワークをもとに  048
      第 1 項 ママ M (スナック A )  049
      第 2 項 ママ F (スナック B )  051
      第 3 項 ママ K (スナック C )  053
   第 4 節 客とスナック  055

第 3 章  スナック A の接客場面における会話分析
   第 1 節 全セッションと会話参加者に関する情報  060
   第 2 節 親密性の構築過程でみられる接客者と客の会話の特徴  062
      第 1 項 スピーチレベル  062
      第 2 項 自己開示  070
      1 .自己開示にかかわる言語行動のパターン  071
      2 .自己開示の内容に関する特徴  077
      第 3 項 ユーモアの表出  084
      1 .遊戯的ユーモアと攻撃的ユーモア  086
      2 .ママ M と男性客 I のユーモアの表出のパターン  088
      3 .ユーモアの表出に関する会話連鎖のパターン  092
      4 .ユーモアの効果に関する考察  095
      第 4 項 パラ言語的特徴  097
   第 3 節 接客者に特徴的にみられる言語ストラテジー  100
      第 1 項 スピーチレベル・シフト  100
      1 .スピーチレベル・シフトのタイミングと方法  100
      2 .スピーチレベルに反映される平等性の確保  105
      第 2 項 個人情報の記憶の表示による関係維持のストラテジー  111
      第 3 項 ユーモアの発話以外で楽しさを演出するストラテジー  117
      第 4 項 発話意図を強調するパラ言語的特徴  119
   第 4 節 小括  123

第 4 章  スナックにおける接客言語ストラテジー
   第 1 節 スナック B, C の女性接客者の言語行動の特徴  128
      第 1 項 スピーチレベル・シフトによる立場の表示  129
      第 2 項 開示情報の制限  133
      第 3 項 攻撃的ユーモアの表出  136
   第 2 節 三名の女性接客者の言語行動の傾向  141
   第 3 節 小括  144

第 5 章  実験観察による検証
   第 1 節 仮設スナックにおける言語ストラテジーの検証  148
   第 2 節 実験観察の結果と分析  152
      第 1 項 スピーチレベル  152
      第 2 項 自己開示  155
      第 3 項 ユーモア  160
   第 3 節 考察  164
      第 1 項 接客者の立場  165
      第 2 項 ママ M との比較  167
   第 4 節 小括  173

第 6 章  結 論
   第 1 節 接客言語ストラテジー  176
   第 2 節 女性以外の接客者に関して  179
   第 3 節 総括  181

参考文献
補遺データ
あとがき  248

   


HOME

 

【新刊】五十嵐彰『文化財返還問題を考える 負の遺産を清算するために』(岩波ブックレット)

https://www.iwanami.co.jp/book/b482301.html

文化財返還問題を考える

負の遺産清算するために

世界的な動向を紹介しながら,美術館・博物館が所蔵する朝鮮や中国由来の「返すべきもの」について考える.

文化財返還問題を考える
著者 五十嵐 彰 著
ジャンル 書籍 > 岩波ブックレット > 社会
シリーズ 岩波ブックレット
刊行日 2019/11/06
ISBN 9784002710112
Cコード 0336
体裁 A5 ・ 並製 ・ 60頁
定価 本体520円+税
在庫 在庫あり
この本の内容
なぜ高麗時代に作られた「利川五重石塔」が東京の美術館に展示されているのだろうか.あるものは不法に,あるものは合法的ではあるが不当に……近代以降の日本には,占領地や植民地から様々な文物が持ち込まれた.世界的な動向を紹介しながら,未だ私たちの身近に残る朝鮮半島や中国由来の「返すべきもの」について考える.

【新刊】ことばと社会 多言語社会研究 21号:オリンピックと言語

http://www.sangensha.co.jp/allbooks/index/498.htm

 

定価=本体 2,300円+税
2019年11月20日A5判並製/244頁/ISBN978-4-88303-498-7


イメージを拡大

[目次]

Mokuzi (Contents) PDF
執筆者紹介PDF

巻頭コラム
  「日本語教育の推進に関する法律」の成立と今後の課題/田尻英三 006

特集 オリンピックと言語
   [序論]「オリンピックと言語」その議論の射程/佐野直子 009 →PDFで少し読んでみる
   オリンピックと「多言語対応」再考――何のための多言語対応か?/小澤考人 028 →PDFで少し読んでみる
   バルセロナオリンピックの言語政策的レガシー/塚原信行 052 →PDFで少し読んでみる
   オリンピック開催と多言語対応――東京と北京の場合/藤井久美子 069 →PDFで少し読んでみる
   [インタビュー]オリンピック通訳の仕事――アンドリュー・ミーハン(右田)さんに聞く/聞き手:塚原信行 094
     →PDFで少し読んでみる
   [座談会]《人生の家賃》――1964年東京パラリンピック「語学奉仕団」を語る/聞き手:佐野直子 106
   特集に寄せて/安田敏朗 124

コラム
もし運動音痴の言語オタクがスポーツ観戦したら/佐野直子 130

書評
中島武史(著)『ろう教育と「ことば」の社会言語学――手話・英語・日本語リテラシー
   /評者:武居渡 136
康潤伊、鈴木宏子丹野清人(編著)『わたしもじだいのいちぶです――川崎桜本・ハルモニたちがつづった生活史』
  /評者:大友瑠璃子 140
川上郁雄、三宅和子、岩﨑典子(編)『移動とことば』
  /評者:パトリック・ハインリッヒ 145

連載報告 多言語社会ニッポン
   琉球弧の言語 ⑳
     ニライカナイのある海が繋げてくれた――竹富島と私と言葉/水野暁子 151
   移民の言語 ⑨
      日本におけるロシア語話者の様相およびロシア語の継承/ゴロウィナ ・クセーニヤ 159
   手話 ⑪
      日本手話の習得を妨げている社会的要因/木村晴美 168

小特集 多言語状況研究の20年を振り返る
   「多言語社会研究会」創設の経緯/原聖 176
   [ラウンドテーブル]多言語状況研究の20年を振り返る  183
     [登壇者]
     大河原眞美:法と言語学
     かどや ひでのり:「社会言語学」刊行会
     定松文:多言語社会研究会
     庄司博史:多言語化現象研究会
     平賀正子:社会言語科学会
     村岡英裕:言語管理研究会
     山川和彦:日本言語政策学会
     [司会]佐野直

「多言語社会研究会」研究会一覧 213
近刊短評 226
Mokuzi(Contents) 236
執筆者紹介 240

 

 

野村浩也『増補改訂版 無意識の植民地主義‐日本人の米軍基地と沖縄人』(松籟社)

 

 

http://shoraisha.com/main/book/9784879843791.html

 

増補改訂版 無意識の植民地主義―日本人の米軍基地と沖縄人
野村浩也 著
 
定価:本体2600円+税
ISBN:9784879843791
8月25日発売

内容紹介

  「米軍基地引き取り運動」の口火を切った思想書・理論書『無意識の植民地主義』に、報道の責任・ヘイトスピーチ・県民投票の黙殺・沖縄人差別をめぐる増補と解説を加え復刊する。本書が示した「アイデンティティとポジショナリティ」、「劣等コンプレックス」、「被植民者の共犯化」、「沖縄ストーカー」、「観光テロリズム」といった概念は、いまなお日本人による沖縄人への暴力を読み解く鍵である。

【本書の目次】
序章 「悪魔の島」から聴こえる他者の声、そして、日本人
1 他者の声
2 他者への欲望
3 自作自演

第1章 植民地主義は終わらない―日本人という植民者
1 はじめに
2 ポストコロニアリズムと日本人という植民者
3 民主主義的植民地主義
4 基地の押しつけという植民地主義
5 無意識の植民地主義
6 ポジショナリテイ

第2章 文化の爆弾
1 共犯化
2 植民地主義と文化の爆弾
3 文化装置と精神の植民地化
4 植民地主義と文化の破壊
5 文化的テロリズム

第3章 共犯化の政治
1 従順な身体
2 劣等コンプレックス
3 同化と精神の植民地化
4 加害者の被害妄想
5 加害者の被害者化と被害者の加害者化
6 共犯化をせまる文化的暴力

第4章 日本人と無意識の植民地主義
1 愚鈍への逃避/自己防衛的な愚鈍
2 横領される沖縄人アイデンティティ
3 「良心的日本人」という無意識の茶番劇
4 植民地主義の身体化

第5章 愛という名の支配―「沖縄病」考
1 権力の隠蔽
2 権力への居直り
3 加害者を癒す沖縄ブーム
4 沖縄ストーカー
5 沖縄ストーカーにならないために

第6章 「希望」と観光テロリズム
1 「最低の方法だけが有効なのだ」
2 日本人と無意識のテロリズム
3 非暴力という名の暴力
4 基地を押しつける恐怖政治
5 観光テロリズム
6 再び、文化の爆弾

終章 沖縄人は語りつづけてきた―2004年8月13日、米軍ヘリ墜落事件から考える
1 文化への爆弾
2 「沖縄人は語ることができない」
3 モデル・マイノリティ
4 連帯―その暴力的な悪用

原本あとがき

増補 無意識の植民地主義は続いている
安保は東京で起きてるんじゃない、沖縄で起きてるんだ!―報道の責任について
ジャーナリズムの役割とヘイトスピーチ基地問題を報じないという基地問題
無意識の植民地主義は続いている!―県民投票の無視をめぐって
現代の「朝鮮人琉球人お断り」事件―基地の話を封じる差別

文献一覧

解説 ジャーナリストとポジショナリティ 松永勝利
解説 なぜ本書は画期的な書物となったのか 高橋哲哉
解説 議論の限界を超えようとすること 島袋まりあ
解説 エンパワメントの言葉 大山夏子

謝辞

 

 

著者紹介

野村浩也(のむら・こうや)
  1964年沖縄生まれ。上智大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程満期退学。現在、広島修道大学人文学部教授(社会学)。主な著書に『無意識の植民地主義』(御社の水書房、2005年)。編著に『植民者へ』(松籟社、2007年)。共著に『社会学に正解はない』(松籟社、2003年)、Okinawan Diaspora(University of Hawai‘i Press, 2002年)など。

 

解説者紹介

松永勝利(まつなが・かつとし)
  琉球新報 読者事業局特任局長・出版部長

 

高橋哲哉(たかはし・てつや)
  東京大学大学院教授

 

島袋まりあ(しまぶく・まりあ)
  ニューヨーク大学准教授

 

大山夏子(おおやま・なつこ)
  沖縄を語る会

 

新刊『身体教育の知識社会学』

http://www.sangensha.co.jp/allbooks/index/491.htm

身体教育の知識社会学

現代日本における体育・食育・性教育・救急法等をめぐる学習権を中心に

[著者]ましこ・ひでのり

競技スポーツ等の身体運動は「健全なる精神」の育苗装置。知育・徳育の基盤こそ体育。――これら、うたがわれることのない図式こそ、知性の欠落にもとづく思考停止、無責任な楽観主義の産物というべきだろう。自明視されてきた「身体教育」の本質を再検証し、栄養学・性教育・救急法などをふくめた保健体育・家庭科ほか「広義の体育」が本来はらむ可能性を提起する。

定価=本体 2,800円+税
2019年8月10日/A5判並製/240頁/ISBN978-4-88303-491-8


イメージを拡大

[目次]

はじめに
第1章  「身体教育」 の本質と 「身体教育」 論再考

第2章  「身体教育」の略称としての 「体育」 は、なぜ競技スポーツの劣化コピーとなったか?

第3章  「食育」運動の本質とゆくえ
   3.1. 日本社会の象徴とされる学校給食と食育
   3.2. 食育を主導する農水省ほか関係省庁のかかえる体質・政治性
   3.3. 食育の一環と自明視される学校給食をめぐるリスク
   3.4. 本来めざされるべきとかんがえられる食育周辺の実態
   3.5. 学校給食と食育にからまるパターナリズムナショナリズム
   3.6. 食育周辺に動員される知の疑似科学

第4章  「身体教育」 空間としての学校の本質再考
   4.1. ネットで炎上したテレビCMが露呈させた学校空間の本質
   4.2. モラルハラスメント空間としての学校に対する教育社会学的解析
   4.3. 学校的ハラスメント空間としての企業社会
   4.4. 収容所的規律を実践する学校空間

第5章  性教育ほか、リスク対策教育の実態
   5.1. 公教育での性教育と政治的介入
   5.2. リスク対策教育からみた性教育の機能不全
   5.3. リスク対策教育としての疫学的知見の欠落
   5.4. あるべき性教育の方向性

第6章 ヘルシズム/ヘルスプロモーションと、フードファディズム/オルトレキシア
優生思想とパターナリズムをベースとしたパノプティコン
   6.1. ヘルシズムを自明視するヘルスプロモーションにすける、パターナリズムの恣意性
   6.2. ヘルシズム・オルトレキシアとフードファディズムをこえて
   6.3. 当局の一貫性の欠落と、過敏 ― 感覚マヒという現実からの乖離

第7章  身体教育解析の射程
『体育で学校を変えたい』をヒントに
   7.1. 体育が自明視してきた身体能力概念の再検討:いわゆる「学力」との対照
   7.2. 現実としての競技スポーツ偏重主義であった体育の本質的欠落と非教育性
   7.3. 体育教育における「みるスポーツ」「ささえるスポーツ」概念の再検討
   7.4. 総合的な知としての身体教育としての「保健体育」が中核となる社会の到来

第8章  障害者の生活文化という死角からの身体教育の 再検討
身体教育の新領域 1
   8.1. 聴覚・触覚重視の視覚障害児童の学習過程と晴眼者の学習体験の再検討
   8.2. 身体運動を軸にした、ろう児童の学習過程と、聴者の学習体験
   8.3. 脳性マヒほか、身体障害がうきぼりにする「健常」性

第9章  地域の文化伝承と教科内の必修化:沖縄空手の伝播とグローバル化
身体教育の新領域 2

第10章  暴力性の規制としての身体運動再考

おわりに

参考文献
索引